ハーレーについてアドバイスをもらう

選び方

ハーレーに乗ってみたいと考えているビギナーの人も多いものですが、初心者の場合にはどのような選び方をすればいいのか悩んでしまいがちです。そこで、全くハーレーに詳しくない人がはじめて選ぶときの選び方としては、乗りたいと思ったものに実際に乗ってみて感触がいいかどうかを体験してみるのが一番確実な方法となります。乗りたいと思うものと実際に上手く乗ることができるか、フィーリングがあうかというのは別の話ですから試乗できる環境にあるのであれば、試乗をしてみるのが良いでしょう。

実際に乗っている人に話を聞いてみて、ビギナーにあっているものはどのようなタイプかというのを尋ねてみるというのも一つの方法になります。熟練者であっても最初から熟練者だったわけではありませんから、すでに乗っている人にアドバイスを求めるというのはバイクを選ぶ上で非常に参考になるものです。

身近な人にアドバイスをもらうというのは、乗り始めてからでも困ったことがあれば助けてもらうことができますから、そのような面でも役に立つので乗っている人にアドバイスをしてもらうのも検討してみるのは悪いものではありません。知識がないのであればないなりに、よく情報を集めて選ぶことが大切です。

ハーレーダビッドソン

運転しやすいスポーツスターモデル

運転

ハーレーダビッドソンと聞くと、どっしりとしたフォルムでオートバイに不慣れなビギナーや力のない女性や高齢者の方には運転しにくい、というイメージがありますが、ハーレーダビッドソンにはスポーツスターという車種があります。日本国内で大型バイクに分類されますが、小排気量に抑えられており、足を前に投げ出して乗車するアメリカンスタイルではなく、ネイキッドスタイルのようなライディングポジションを取ることができるため、とても運転しやすいのが特徴です。

特に日本国内では女性や高齢者からだけではなく、多くのライダーから支持されています。日本の道路はハーレーダビッドソンの本場アメリカとは違い、道幅が狭く、信号や曲り道が多いのが特徴です。

こういった道路事情のため、アメリカンスタイルのように足を前に投げ出したどっしりとしたライディングポジションの車種よりも、スポーツスターのような車種の方が日本国内では扱いやすいのです。そもそもハーレーダビッドソンのような大排気量のエンジンを積んだ車両は日本国内ではパワーを持て余すため、逆に扱い辛いのです。スポーツスターのような小排気量の車両の方が、マシンの性能をフルに発揮できるため、とても需要があるのです。

ハーレーダビッドソン